横須賀流刑地

勝利の輝き目指して

欠陥だらけのシーズン1

並びと技構成だけ簡潔に


因みに最高レートは1800代なので興味無かったらブラウザバックしてください




マッシブーン@突撃チョッキ


意地AぶっぱDそこそこ振り(配分はツイッターに転がっていたのを勝手に使った)


馬鹿力/吸血/地震/冷凍パンチ


・コケコのマジカルシャインを耐えて返しの地震でK.O.したりする

ジバコイルマンムーへの行動保証があるので裏に引いてくるマンダにレンチを合わせたりしたらもう勝ち

・岩技が欲しい場面もあったが上記4つの技で完結している節もあるので悩みどころ、強いて変えるなら吸血が要らない




ミミッキュ@ゴーストZ


意地hAS


じゃれつく/シャドークロー/影撃ち/剣の舞



・ストッパーだったり剣舞Zシャドクロで削ったりと雑に扱った

・最速デンジュモクと同速、1試合だけこれで負けたが火力を考えると意地でよかった

・化けの皮が剥がれてもガブの地震程度なら耐えたりしてて使い勝手のいいポケモンだと思ったがストーリーでトラウマを植え付けられたからあんまり使いたくない



テッカグヤ@オボンのみ


冷静,H振りカプ・テテフをヘビーボンバーで確定で落とせるくらいにAを振って後はHCベース


ヘビーボンバー/ギガドレイン/火炎放射/めざパ氷



・フルアタ型,どの技も使うので技構成はこれでよかった、切るなら火炎放射だがこの構築から炎打点が消える

・ただSに下降補正をかけているため無振りのジバコイルポリゴン2に上を取られるのが非常に弱かった、下降補正をかけていることでのアドバンテージは最遅にしていないギルガルドを下から殴れる程度

・またカプ・テテフのサイコキネシスへの引き先としての立ち回りは相手が拘っていない限りデンキZで飛ばされたりして安定しなかった




ガブリアス@拘りスカーフ


陽気AS


逆鱗/地震/岩雪崩/炎の牙



・対スカーフデンジュモク,電気タイプになったポリゴンZ,その他へのスイーパーとして採用

・使い方を間違えると起点にされがちなのでそこは気をつける

・持っていたらマンムーをここに入れたかった




カプ・コケコ@デンキZ


臆病CS


10万ボルト/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/瞑想



・フィールド+2瞑想で補正込みHDポリゴン2がZ10万ボルトで吹っ飛ぶ

・通せば勝てるけど通りにくい、というポケモン

・瞑想積まなくてもフィールド下でのZ10万ボルトの火力は素晴らしかった、速さと火力は正義




あと1枠にはガルーラかゲンガーのメガシンカ枠を入れていたがどちらもしっくりこない、かつ努力値振りもどこか使い勝手の悪さがあったのでもう色々と不完全、欠陥だらけの構築のままシーズン1を終えてしまった。



ポケバンクが解禁されると思われるシーズン2は今よりも多くのポケモンが環境に参入し、考慮すべきことが増える分勝つことが難しくなると思われるが結果を残せるように頑張りたい。



因みにこれの前にルカリオギャランターンを使っていたが余りにも受動的過ぎて1800に乗った途端勝てなくなった。やはり第7世代はやりたいことを押し付けるゲーム。

この構築で言えば瞑想コケコとかが該当する。







ところでエルレイド君はメガシンカできますかね。


オシャレイド

f:id:janklogic1229:20161030212900j:plain


ネーミングはほぼ半年前にとある人に命名された。多分つけた本人は忘れている。




エルレイド@メガストーン


陽気H252 S252 残り4どっか(耐久に振ったメガガルーラに対するインファイトの乱数が変わる可能性があるのでA4振りがオススメ)


インファイト挑発道連れ@1



鬼火や電磁波といった補助技、起点にしようとしてくる相手に対して有用な挑発と1:1交換を見込める強力な技であるところの道連れを採用した最速メガエルレイド


一応メガガルーラを倒すという格闘タイプに与えられた使命を果たす為のメイン火力であるところのインファイトを確定採用とする。

あと1枠は自由だがS110族の速さからのそれなりのエスパー打点は受けにくい(筈な)ので思念の頭突きを推奨する。あと何かしらの作用でSの下がったゲンガーへの有効打。一応体力満タン状態ならC222メガゲンガーシャドーボールは乱数6.3%1発なのでほぼ耐えると思ってもいい。鬼火は知らない。


ガルクレセという並びに対してガルーラにはインファイトクレセリアには挑発を入れて裏に交代して起点にする、という動きを目指したが上手くいくことはなかった。






有利対面で剣舞して




f:id:janklogic1229:20161030212819j:plain




ってしたり3ウェポンにして技範囲で




f:id:janklogic1229:20161030213514j:plain




ってしたりしたがどの型も一長一短あるので構築によって使い分けていきたいと改めて思う。





多分第7世代でも使い続けると思うので、彼とは仲良くやっていきたい。








まもルカリオ+初めてルカリオを"ちゃんと"使った雑感

f:id:janklogic1229:20160910153354j:plain


守る搭載するならバシャでいいよバシャで





ルカリオ@メガストーン 

陽気 H4 A252 S252


メガ前特性は正義の心を推奨


インファイト,バレットパンチ,冷凍パンチ,守る


物理特殊のどちらでも一般的な積み思考ではなく対面思考な物理ルカリオ



守るを搭載したことにより初手のガルーラ対面を同速の5分勝負から有利対面に変える。


この時相手が突っ張れば最速かつ有効打(地震or炎のパンチetc)持ち,引けば準速か耐久振りと相手のメガガルーラの型をある程度把握することができる。



また初手ガブリアス対面でも守ることで素早さを逆転させることが可能。初手に繰り出されがちなのは襷持ちが多い印象だが、こちらの構築にカバルドンのような状態異常を絡める起点作りがいればラム持ちであることも考えられる。

相手によってはルカリオの処理をガブリアスに一任した選出をすることがある(あった、あるかもしれない)。もしそうだったら試合を優位に運べるのでは?と。


体験談としてルカリオガブリアス対面ができた時にこちらの行動を守る→冷凍パンチに固定したところ大体6割くらいでガブリアスのみが死ぬ。何故か。後の4割は守るの後に後ろに引く行動が見られた。1回だけ初手拘りスカーフガブリアス地震で突っ張られてルカリオが死んだ。





f:id:janklogic1229:20160910151833j:plain



こんな感じで格闘メガシンカポケモンに絞ってアンケートを取り、構築のエースを決めた結果メガルカリオが選ばれたわけだが使ってみて


(1)相手が積んでくるタイプという想定で動いてくれれば勝てる


(2)クレセリア,ギルガルド,ファイアローで止まる格闘タイプの円環の理から逃れられない


(3)何故かルカリオがどエライ個体数を増やしてしまった為対策が施されている


と思うところは色々あるが、どう頑張っても耐久力が足りない為、紙耐久と割り切って運用してしまえば最速化身ボルトロス抜きというスピードから一致先制技を威力80で使え、物理型ならインファイトスイクンを確定2発に追い込め、特殊型なら気合い球でメガクチートを高い乱数で吹っ飛ばせる程度の火力を持ち合わせているのは強いと感じた。


が、やはりできることがある程度認知されたポケモンなので対処法は幾らでもあるのが弱い点であるかなと。




今回使ったまもルカリオ(採用構築は1800帯で停滞)はそんなルカリオへの固定観念をずらす形で活躍させたかったのだがあまり上手くいかなかったのが心残りではある。







【シングル】壊れた電子レンジは要らない

剣舞ラムバシャーモを使いたくなったことにより今の構築を使わなくなりそうなので公開。


いつものメガエルレイドスタンです。


f:id:janklogic1229:20160829232902p:plain


細かい数値は紹介しませんので興味あったら直接ツイッターなりで聞いてください。



以後常体



エルレイド@メガ石 陽気 hbS(最速)


インファイト,思念の頭突き,冷凍パンチ,道連れ


・最速110族で上からの技範囲を押し付ける。仕事をしてもしなくてもダメだと思ったら道連れを押し1:1交換を狙っていく。

・耐久はメガ前ガルーラとの対面時にちゃんと仕事ができるよう、陽気メガガルーラの捨て身タックルで6.3%の乱数で死ぬ程度に努力値を振っている。猫  騙  し  は  効  か  な  い  。

・後述のメガゲンガーと役割が被っている気もする。




ヒートロトム@拘り眼鏡 控えめ hcs


オーバーヒート,10万ボルト,ボルトチェンジ,目覚めるパワー氷


・高火力を押し付ける。あとボルトロスを見る枠。但し毒ボルトに勝てない。

・ガラクタ配分。

メガエルレイドの補完として入っているが(かの有名なエルレヒートム)、ヒートロトムがサイクル思考なポケモン及び型であるにも関わらず、メガエルレイドでサイクルを回すことは非常に難しいのでタイプ相性的には補完が取れてるかもしれないが実際のところ両選出するのは非常に怪しいと思う。




ポリゴン2@進化の輝石 図太い HBベース 特性トレース


イカサマ,冷凍ビーム,電磁波,自己再生


・ガルガブゲンになんか無難に強いポケモン(当社比)。電磁波を撒くことで裏のポケモンのサポートをする。飽くまでサポート。

・無難にHBベースに振っている。物理受けとして採用しているが、格闘タイプの通りが良いこの構築にとってこのポケモンを物理受けとするのは些か厳しいものがある。

・こいつに毒々を仕込むか冷凍ビームをシャドーボールにするかでクレセリアを見れるようになる。ゲンガーで見れればいいのだが、ゲンガーを1:1交換で使ってしまった後だと酷いことになるのでここを弄るか後述のスイクンを出すかを考えなくてはならない。



ゲンガー@メガ石 臆病 hbs


祟り目,ヘドロ爆弾,催眠術,道連れ


エルレイドで誘いがちな物理受けをこいつで倒す。隙あらば催眠術。

・ヘラのロクブラ云々調整の例のアレ。

・特筆することはないが初手ゲンガゲンガ対面の時のケアとして裏にポリゴン2を置いたりするのだが、偶には同速勝負仕掛けてураааааааって気持ちよくなりたい。




ガブリアス@気合いの襷 陽気 AdS


逆鱗,地震,岩石封じ,剣の舞


・先発から剣舞逆鱗での崩し、積みアタッカーに対するストッパー等をやってもらう。

・無難に最速ASぶっぱ。

・陽気最速スカーフの方が噛み合っていると思われるが剣舞での崩しも捨てきれないのでここはお好み。使いやすいのは襷剣舞。




スイクン@カゴのみ 図太い 


熱湯,冷凍ビーム,瞑想,眠る


・メイクン。エルレイドやゲンガーの1:1交換で不利な相手を倒した後に詰めていくのが理想的。

・受けループ意識のH実数値201,意地キノガッサ抜きのS実数値123。残りB。

・こいつの使い方がちゃんとしていれば勝てる試合が増えると思う。






特に結果を残したりとかはしてないが個人的にスタンダードな構築が組めたと思う。




【日記】今日のメガエルレイド【5th JPNOPEN】

エルレイド@メガ石 NN:カムイ


陽気hbS インファイト思念の頭突き冷凍パンチ道連れ



1戦目、知り合いのポケモンサークルの方との対戦。

やけに物理火力のあるゲッコウガへの死に出しとして登板、ダストシュートで毒を貰いつつ思念の頭突きで突破。毒ダメで一緒に死ぬ。なお試合には負けた模様。


2戦目、登板なし。この試合は裏メガのゲンガーを選出したが、このメガゲンガーが単体でクレッフィとメガフシギバナを総計3回涅槃へと誘う大暴れをかまし、"霊感がエキサイト"していた。勿論勝利。


3戦目、先発で登板しお相手のメガミミロップと対面する。迷わずインファイトを打つとお相手は身代わりを選択。B1段階下降したところに恩返しを貰うが耐えてインファイトでジョルトカウンター、メガミミロップをK.O.

裏から出てきたクレセリアに対し道連れで1:1交換を狙っていくも毒々を選択されスリップダメージで死ぬ。なお試合は裏の瞑想スイクンで積んで勝てる試合だったのに詰め方を完全に失敗し負ける。辛い。


4戦目、メガエルレイドを選出するも完全に腐る。こちらの交代を読まれて相手にアドバンテージを稼がれたり、メガ前ゲンガーとメガエルレイドの同速勝負を仕掛けようとするも相手がしっかり守るを持っていたりとただただ相手が1枚も2枚も上手であった。惨敗。


5戦目、先発登板。バンギラスと対面という圧倒的有利対面ができる。エルフーンに交代されるも、インファイト冷凍パンチ冷凍パンチで無理やり落とし裏から出てきたリザードンに対しては相手に控えているバンギラスに役割が残っていると判断してこちらの裏にいるポリゴン2に交代。

結局リザードンYとバンギラスポリゴン2の硬いクッションからの死に出しされた襷ガブリアスで2タテ。勝利を収める。


昼休憩の後の6試合目、先発のガブリアスが霊獣ランドロスを落とし更にバンギラスを6割程度削って倒されたところに登板。インファイトを打つもラティオスに引かれ3割程度削る。

こちらのメガエルレイドは最速である為、最悪同速勝負を仕掛けないとならないがそれをやるのは時期尚早、裏のポリゴン2で電磁波を撒いてからが確実と判断し交代するも流星群が連続で受けられず落とされる。(この時点で相手のラティオスは拘り眼鏡であることが確定)

裏から出てきたメガエルレイドで冷凍パンチを打つがバンギラスに下げられる。バンギラスがメガであることを知りつつインファイトで突破。結局ラティオスとの同速勝負になる。


緊張の瞬間、先に動いたのは......メガエルレイド。冷凍パンチがラティオスを捉えK.O. 

最もメガエルレイドが活躍した試合であった。



7戦目、先発登板。フシギバナと対面しまたもや有利対面ができる。相手はギャラドスに下がり思念の頭突きでゴツメダメージを貰う。

ここで控えにいたトレースポリゴン2を後投げして威嚇を撒きつつ削ろうと考えるもお相手も交代、ドサイドンが出てくる。恐らくこちらの手持ちにいるヒートロトムへの交代を読んでの釣り出しを狙ったのであろうがそもそもヒートロトムは選出していなかった(ドサイドンに対面した時相手に不利しかとらないし......)。因みにこの時点で相手の選出が読み通りであった為1人心の中で喜ぶ。

話を戻す。取り敢えずこちらからの有効打がイカサマか冷凍ビームの2つだったので通りの良さそうな冷凍ビームを選択。




ここでまさかのアクシデント。



f:id:janklogic1229:20160815083158p:plain




ドサイドン君動けなぁぁぁい!!!



そこから冷凍ビーム2発被弾して落ちる。かわいそうに......

裏から出てきたフシギバナ(ここでやっとメガシンカ)に電磁波を撒いて冷凍ビームで削りを入れてイカサマを打って相手が物理技を持っている可能性を切る判断材料を得つつ落としてもらう。

裏からメガエルレイドを出し、思念の頭突きを打つも裏から出てきたギャラドスに対して外す。ゴツメダメージを貰わずに済んだので結果的には良い外し。電磁波を貰うことが嫌だった為ガブリアスにバックするがここで相手に氷の牙を合わせられる。上手いなぁ......と驚きながら岩石封じを打つとメガフシギバナに下げられる。素直に地震を打ちメガフシギバナを倒す。

裏から出てきたギャラドスに岩石封じを打って削りつつ(よく考えたら逆鱗の方が打点が出たのでそっちの方がよかった)相手の地震で落とされる。ラストメガエルレイドが登板。思念の頭突きを今度はしっかりと当ててギャラドスを倒し、見事勝利を収める。



8戦目、細かい経緯は省略するが『メガシンカできないエルレイドがクレセリアを持っていかなきゃ勝てない』という盤面を作ってしまう。何故こうなった。

こちらからの有効打がない為、相手の攻撃に合わせて道連れを選択して1:1交換を狙うことを考える。取り敢えず1番打点が出る冷凍パンチ(大嘘、実際はインファイトで出せる90がこの時の最高打点)を打つ。



ここでまさかのアクシデント。


f:id:janklogic1229:20160815084737p:plain



これは完全に余計であった。こちらの技3つは接触技である為、ゴツメダメージは貰わなくてはならないし道連れも作戦上打てない。いつ溶けるか分からない氷状態で控えにいる昏睡状態のポリゴン2を投げることもできない(クレセリアが毒々を持っていることがわかっていた為)しというかここでエルレイドに道連れでの役割を果たしてもらわないと腐るので突っ張るしかなかった。


エルレイド「レンチします」

クレセリア「寒い」

エルレイド「レンチします」

クレセリア「寒い」

エ「レンチし」

ク「寒い」

エ「」


結局、ゴツメダメージで死ぬタイミングでクレセリアの氷が溶けて月の光。死に出しのポリゴン2も起きたところで毒々を貰いこちらからは有効打無し。ゲームセット。負け。



勝ち越しフィニッシュを賭けた9戦目、相手の並びは対面厨パと呼ばれる例のアレ。エルレイドはこちらのポリゴン2とお相手のメガゲンガー(ポリゴン2はトレースで影踏み)の対面で相手の裏にバシャーモがいた場合に投げられるタイミングでポリゴン2からの引き先として登板。出てきたタイミングで鬼火を被弾する。†終了†。

ただ相手のメガゲンガーが守る金縛りを所持していた為、祟り目ではなく様子見の守るを選択してくるのでは?という一縷の希望を持って道連れを選択。すると相手は守るを選択し、道連れ状態のメガエルレイドが君臨することとなる。するとお相手はここでガブリアスにバック。何となく打っていた思念の頭突きを当てる。相手の襷の可能性が潰れる。

これで火傷状態のメガエルレイドガブリアスが対面し、こちらとしては相手がスカーフであれば火力が足りない為ポリゴン2ガブリアスは突破可能、鉢巻であれば下から殴ってくる為道連れで1:1交換ができるので道連れを選択。

すると相手が上から地震を打ってきたのでメガエルレイドは落ち、ポリゴン2地震を余裕で耐えて冷凍ビームで倒す。

お相手のラストのメガゲンガーは結果的にポリゴン2へのダメージソースが鬼火のスリップダメージしかなかった為、こちらがある程度削ってからの気合球警戒に選択した自己再生を相手に見せたところでお相手の降参が選ばれる。奇跡的に勝利を収める。



結果、スペインブロック5-4のブロック7位(真顔)で終了した。

自分で納得できるメガエルレイド構築でここまでメガエルレイドを選出できて(9戦中8戦選出)、更にそれなりに戦えることがわかって個人的には収穫のあるオフだった。対戦してくださった方、並びにオフのスタッフの皆さんそして何より主催のJPNさんには(私の友人を可愛がってくれていることを含め)感謝しきれない。本当にありがとうございました。






因みにエルレイドのKP1はだったそうです。







【単体考察】焼肉の「ギャラ」ってどこの部位だ

ギャラドス@メガ石


陽気 171(4)-177(252)-108(68)-×-121(4)-136(180)


A:ぶっぱ

S:最速71族(メガバンギラス)抜き,但し最速70族抜き抜きの意識の方が高い

H実数値を奇数にするため4振り、残りB余りD


確定技:竜の舞,身代わり


選択技:滝登り,噛み砕く,地震,氷の牙等



メガエルレイド構築のもう一つのメガシンカ枠として考えた。主に物理受けが噛んでくるサイクル選出に対して投げていく。流行りの4GCDはクレセドランのどっちでも起点にできるので強め(但しクレセリアムーンフォースを持っていないものとする)。あと受けループにも役割が持てそう。


最速70族抜き抜きとしたのはキノガッサに強く出たかった為だが、初手対面でこちらがメガして身代わりを選択したとすると相手の岩石封じ,キノコの胞子に対してはアドバンテージを取れるが十中八九相手はタネマシンガンを押してくるので何とも。

もしこちらの構築内に草タイプがいることで、相手の胞子とタネガンの選択を抑制できれば機能すると思われる(試せるような環境までレートを上げられないので知らず)。


技構成は相手の状態異常技を起点にする為に身代わりと竜の舞を確定とする。

残りの2枠は攻撃技を採用するとして、ここは使用者の構築によって替えるのがいいかと。因みに私の場合は冒頭に述べた通りメガエルレイド構築のもう一つのメガシンカ枠として採用したので、メガエルレイドのメインウェポンの通りが悪いエスパー・ゴーストタイプへの打点として噛み砕く、それとメガシンカ後の特性『型破り』で浮遊を無効にできたり安定して通りやすい技である地震を採用した。


ただこの2つだと役割対象内(としているはず)のキノガッサにマトモな打点を持てないのであまり良くはなかった。上記に候補として挙げた滝登りは怯みの追加効果やカバルドンへの有効打点として期待できる。氷の牙の場合は4倍弱点とする相手の処理速度が上がり、こちらも怯みとこおりの状態異常を期待できる。

個人的には地震@1を勧める。


努力値振りを替えるのなら身代わりを採用するのでBに振った努力値をHに回してH20振りするとかだろうか。



あまり考察が深くまで及んでいないがクレセドランを1匹でどうにかできる(と思われる)のでもう少し練ってみたいところ。





焼肉の「ギャラ」は牛の第4胃のことである。





【単体考察】ラ!

ラプラス@とつげきチョッキ


なまいき 


237(252)-112(52)-101(4)-113(60)-146(140)-72


氷の礫波乗りフリーズドライ絶対零度



H:ぶっぱ

A:H183B115ガブリアス(つまり無振り)を氷の礫で確定2発

D:Hぶっぱとチョッキ補正でC182珠ゲンガーの気合球が確定3発→受け出しから絶対零度を1発以上撃てる(気合球は外れるもの)

残りC端数B



厨パのスイクンガブリアスゲンガー(と火力の低いボルトロス)やトノグドラ、対面意識の特殊アタッカー(眼鏡サザンドラとか眼鏡ラティオスとか)に強い。あとミトムも狩れる。


サイクルに組み込むことで特殊アタッカーへの受け出しから思考停止絶対零度で安易な受け出しを成立させないことも強みだと思う。




環境には刺さってないので参考にはしないように。






2016春期アニメはふらいんぐうぃっち三者三葉あんハピ♪がよかった。