読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横須賀流刑地

勝利の輝き目指して

【備忘録】カバガルゲッコsecond【第1回ちょくおふ3位】

唐突に個別解説から。


カバルドン@ゴツメ


努力値・技構成共に前回記事と同様なので割愛。カバルドンに限らず、物理アタッカーに対する引き先がいる構築は使いやすい。

ガルーラと組ませる物理受けとして他の有名どころで言えばクレセリアが挙がるが、個人的には欠伸や吹き飛ばし,ステルスロックによる起点作りを担うこともできるカバルドンを使いたい。勿論、クレセリアは特殊耐久に優れているという差別点があるので絶対に使わない!というわけではないが今回はもう一つのメガシンカ枠としてサーナイトを用意し、ゴーストの一貫が嫌だったのでクレセリアではなくカバルドンとなった。



ガルーラ@メガ石


意地っ張りASベース メガ前特性は肝っ玉


グロウパンチ捨て身タックル不意打ち噛み砕く


グロウパンチ→捨て身タックルで受けを成立させないこと,またキノガッサに対してメガ前の速さでも上から殴れることを意識した結果このような努力値と技構成となった。

竜舞捨て身メガボーマンダを以前使った時もそうだったが、瞬間火力と崩しを両立できるエースは強い。ましてや通りの良いタイプでもあるのでメガガルーラというポケモンのポテンシャルを大いに活かせたと思う。

ただ噛み砕くの枠は炎のパンチと選択。後述のサーナイトがめざめるパワー炎を持っているので必要ないかなと思い今回はゲンガーに打点の持てる噛み砕くを選択した。



ゲッコウガ@ラムのみ


前回記事と同様


信用可能ゲッコウガ。やはり強かった。時々思わぬ乱数を引くので火力に相当割いてるのでは?との意見を貰うが寧ろ従来の信用可能ゲッコウガに比べてBに努力値を多めに取っているので火力は低い。単に運がいいだけ。


具体的に言うと従来の信用可能ゲッコウガは意地ガブリアスの逆鱗を最高乱数を切って耐える調整とのことだが、自分の場合それを確定耐えまで振っている。故に悪の波動→影撃という処理ルートがある対ゲンガー性能が従来のものと比べて劣るのが欠点。カバガルという並びが基本的にガブリアスには強めなので改善点である。



サーナイト@メガ石


控えめ(詳しい調整は非公開) メガ前特性はトレース


ハイパーボイスサイコショックめざ炎挑発


実はこの構築の組み始めポケモン。「受けループに強いポケモンが欲しい」と某先生に頼ったところ教えてもらった。どこかの記事にも書いたと思うが自身の対受けループ勝率は0%ということもあり採用した。受けループとは当たっていない。

受けループに強い、ということはサイクル系統の相手に強い。ということでめざ炎の存在からナットレイを含むようなサイクル(いわゆる不快サイクル)に対して真価を発揮できる。更にメガ前状態であればクレッフィを知恵の輪同然に玩具にできるのも評価できる。

対面系の構築に対してはガルーラを、サイクル系の構築に対してはサーナイトを出すように心がけた。実行には移せていない。



ギルガルド@命の珠


冷静(調整はどこか有名なブログで上がってるよきっと)


シャドーボールラスターカノン影撃キングシールド


フェアリー打点の一貫切りでギルガルドを入れようと思い型を考えていたところ、某先生が前シーズン使っていた(ような違ったような)構築に採用されており、気になったので起用した。ただ試運転時にもそこまで選出できたわけでもないのでこの構築には噛み合ってないと思われる。

噛み合ってないので他のポケモンに変えてもいいが、もしこの枠にギルガルドを採用するのであれば、崩しの役割を持たせるのに毒身代わりキンシの残飯型がいいかもしれない。


化身ボルトロス@オボン


図太い


前回記事と努力値配分は同じだが今回は挑発から悪巧みに技を変更。構築内に積みによる崩しができるのがメガガルーラしかいなかったので悪巧みにしたがそれなりに噛み合っていたと思われる。カバルドンによる欠伸起点作りの恩恵も得られるのでgood。



第1回ちょくおふで4-3,5人竦みを制し予選1位抜け、準決勝で敗れ3決に回りそこで何とか勝ち星を上げて3位という結果を残した。オフで対戦してくださった方、ありがとうございました。


レートは......うん。




ここ最近の3回のオフでカバガルゲッコというテーマで構築を組んだがとても使いやすかった。明確な役割分担を果たせているのもそうだし、何よりこの3匹が使う技というのが基本的に命中安定技にも関わらずちゃんと打点を取れるというのが使いやすさの要因と考える。

勿論弱点も存在する。例えばボーマンダバシャーモといった抜きエース。起点を作られて全抜き、なんてことも起こりうるので他の3匹でケアすることを忘れてはいけない。今回であれば化身ボルトロスがそれに該当する。もう一つ挙げるとするとリザードン(名指し)。僕自身経験が浅いのでリザードン検定は悉く失敗するし、カバガルゲッコに関してはどちらが来ても辛い。

Xであれば起点作りを上手く誤魔化せればなんとかなるかもしれないが看破されればもうどうしようもない。

Yはもっとキツい。カバルドンはどう頑張っても天候を上書きされてソーラービームで落ち、ガルーラは耐久に振らないと晴れオバヒでワンパン。ゲッコウガに関しては打点すらないので辛いってレベルじゃない。しかも今回の構築に関してはストッパーすらいないのでここは次にカバガルゲッコを組むときに要検討案件である。


またカバガルゲッコ関係なしに、オフでの対戦で明らかなプレイングミスを運で補う場面もあった。後から某先生や某マサヤさんに言われてからやっと気づくようなものもあった為、今回のミスはしっかりと次に活かしていきたいと思った。



いい加減特殊メガルカリオ軸を扱えるようになりたい。......いや特殊メガルカリオ自体そんなに強くな(ry



以上。